コーヒーと本と雑貨と音楽


http://jugem.jp/
http://biancca.net/
2/23(木)17時から空飛ぶ文庫出ます〜♪///20170217 / 09:56 / /

 

FM福井さんです♪

「空飛ぶ文庫」のラジオ読書会に呼んでいただいて

収録スタジオにお邪魔してきました〜\(^o^)/

 

「空飛ぶ文庫」さんでは一度chottoを紹介していただいたり

一昨年も一度「ラジオ読書会」に出演させていただいて

今回は2度目です^^

 

 

前回は磯田道史先生の「天災から日本史を読みなおす」をオススメさせていただきましたが

今回は堀江敏幸さんの「河岸忘日抄」をオススメさせていただきました!

 

 

 

河岸の舟の中でコーヒーを飲み本を読んで音楽を聴いて・・と隠居生活を過ごす男の人のお話しです。

コーヒーを飲む場面が本当に多いんですよね。

マジミクス社のエスプレッソマシンがある舟っていう設定なんですよ。

でもドリップも淹れていて

訪れる郵便配達人などにコーヒーをふるまっています。

フランスのディゴアン&サルグミンヌ窯のカフェオレボウルという

骨董品でふるまっています。

それとかイギリスのPOOLE社の1950年代のtwintoneシリーズの

コーヒーカップ&ソーサーで飲んでいるみたいです。

地味におとろっしゃー・・・っていう設定です。

 

 

 

chottoは最近自宅ではほうじ茶派なのですが、

この本を読んでるとコーヒーが飲みたくなってしまいます。

 

 

中には、ガラパゴス諸島のコーヒー豆なるものも登場します。

環境保護下にあるガラパゴスでは農薬を使ってはいけないし

農園の栽培面積も広げられないので

今まで自然栽培されてきたぶんでしか収穫されないという

希少性の高いコーヒーだそう。

 

 

へええ〜と気になって

chottoも早速ネットで取り寄せてみましたよ♪

希少性が高いので

普段chottoで出してるお豆より500円ほど高い\(^o^;)/

 

お豆はこんな感じです♪

深煎り目で油分でテカテカです。

 

 

「甘くて、こくがあって、ほんの少しの苦みと酸味もある、

果物の味も混じっている。芳醇な赤ワインのよう」

 

と文中にありましたが、本当にそんな味わい。おいしかったです!

 

ガラパゴスのあるエクアドルのコーヒー豆はchottoでもお出ししたことがありますが

エクアドルのお豆はもっと軽い感じ。

甘味があるのは似ていますが、コクの深さが全然違っておりました。

どちらかというとマンデリンくらいの密度感です。

エクアドルからガラパゴス諸島まで900キロ離れているそうなので

全然違うお豆になるのはそらそうですよね^^;

 

 

コーヒーのほかにも

主人公は大変な料理上手で

クレープを焼いたり、

オムレツを焼いたり

マルメロ(西洋カリン)のジャムを作ったり、

クグロフを焼いたり!

 

うーーーむ

ガラパゴスコーヒーより希少性の高い人類といえますな。

 

 

クレープにヌテラを塗るという場面も出てきました。

ヌテラって何ぞ!?ということで

これも買い求めてみました^^

イタリアの食品会社フェレロの商品だそうです。

コストコなどで買えるようです。

ヘーゼルナッツクリームとチョコクリームが合わさったもので

お味はチョコガナッシュの中身みたいな感じ。

 

 

このように色んな食の知識も得られる本なのですが

一番衝撃的だったのが

オムレツのレシピのひとつ

 

「卵に赤ワインを大さじ2杯加えて攪拌し、

半熟状態でふたつ折りにするとき、

炒めたベーコンと玉ねぎとトマトのみじん切りを加える」

 

オムレツに赤ワイン?!

びっくりしませんか?!

 

どんな味かとっても気になるので

新玉ねぎやトマトの季節になったら作ろうと思っております^^

おいしいベーコンがあるといいなあ!

 

赤ワインは栓を開けたての新鮮なものがいいそうですよ。

 

ただ軽いのがいいのか重いのがいいのか分からないし

卵何個かもわからないレシピなんですが・・

よろしければみなさんもお試しください^^

 

 

「空飛ぶ文庫」の飴田さんにもガラパゴスのコーヒー豆をおすそ分けしたら

飴田さんがハンドドリップで淹れてくださって!

 

えへへ・・飴田さんが淹れてくださったコーヒーなんて

ありがたすぎて贅沢すぎて申し訳ないです〜( ;∀;)

 

極度のあがり症の店主なんですが、これで

収録がんばろう!!

がんばってみたんですが

うまくまとめられなくって撃沈しました・・・

 

 

FM福井脇の川べりを眺めながらしょんぼり反省・・・(笑

 

 

放送は2月23日(木)17:00から!

「空飛ぶ文庫」ラジオ読書会です。

登場するオススメ本は

河岸忘日抄のほか

木皿泉さん著 「昨夜のカレー、明日のパン」

左右社 「〆切本」

です。

 

 

本はchottoに置いておきますので、気になります方、

ぜひコーヒー片手にご覧なってください\(^o^)/

 

 

 

 

-
禅のススメ///20170212 / 23:57 / /

 

先日発売された雑誌のBRUTUSが禅特集でしたね!

chottoも早速購入してお店に設置してみましたよハート

 

 

これから禅ブームが来たりするのでしょうか?!

 

スティーブ・ジョブズさんが参禅していたことが以前テレビで紹介されていたこともありました。

ジョブズさんが若い頃、和尚さんに永平寺に行きたいと相談したところ

和尚さんはジョブズさんを何かを成し遂げる人だと考えて

アメリカで何も成し遂げられない人間が永平寺に行っても何も成し遂げられないと言って

永平寺行きを止めたのだそうです。

ジョブズが永平寺に修行に来ていたら、今の世の中いったいどうなっていたのか?

すっごいお話ですね。。。

 

chotto店内にはほかにも禅にまつわる本が

あちらこちらにございますので

コーヒーのおともにぜひ手に取ってみてください^^

 

女子に大人気の占星術師、石井ゆかりさんの「禅語」は現代的な感覚でとらえられて

分かりやすく読むことができますよ!

 

 

年明けにこういう本も入手しました^^

 

禅寺でしたら「鎌倉と東国の古寺」「大徳寺」をご覧ください^^

禅宗が流行した鎌倉時代は仏像に等身大の人間のリアリティと緊張感が満ち満ちて

奈良時代や平安時代の仏様とはまた別の見ごたえがあります。

大徳寺は牧谿の水墨画や狩野派の襖絵などお宝ざくざく、安土桃山時代の文化が楽しめます^^

 

 

 

本のほか

chottoでは道元禅師の漢詩をデザインしたオリジナル手ぬぐいも販売中^^

デザインはウィギーカンパニーさんです♪

 

 

漢詩手ぬぐいは2種類。1枚780円です。

 

商品詳細はこちら→

 

店主の大好きな道元禅師の漢詩。

たくさんの方に知っていただきたいと思って作りました^^

永平寺にいらした記念に一枚いかがでしょうか♪

 

 

 

そして

本や手ぬぐいでは物足りないなあという方・・

坐禅に興味のある方

百聞は一見に如かずということで♪

永平寺町松岡春日の 清涼山 天龍寺 に参禅されてはいかがでしょうか♪

坐禅希望者を受け入れてくださっています^^

 

chottoから車で5分

えちぜん鉄道でも二駅。松岡駅下車で徒歩5〜10分ほど。


 

ホームページはこちら→http://www.tenryuji.net/

 

 

青葉の夏に行かれても、

紅葉の秋に行かれても素敵なお寺です♪

 

 

 

僧堂も素敵です。

 

 

 

 

chottoも数回お邪魔しております。

永平寺町出身だと、子供のころから永平寺さんや吉峰寺さんでの坐禅の機会も度々あり

永平寺中学校でも「黙想」が授業の合間に取り入れられていたりなどしたので

坐禅することがあまり遠いことではありません。

大学時代も、せっかく関西に暮らしているのだからと思い立って

京都の妙心寺さんで坐禅体験をさせていただいたことも。

真夜中に五色の旗がたなびく東屋のような小さなお堂で坐禅させていただいて

解放感でとっても気持ちがよかった思い出があります。

 

天龍寺さんも風や木の自然の音が聞こえてくるとても落ち着く僧堂で

こんな立派な場所で座らせてもらえるなんてと贅沢な気持ちになります!

 

最近心が落ち着かなくて集中できないなあというときなど坐禅するとスッキリしますよ^^

 

道元禅師も「只管打坐」とおっしゃっています。

ちょっと気になるのよねという方、

とりあえず、座ってみるのはいかがでしょう?

 

 

 

 

-
/ 1/1 /